コメント、トラックバック、リンク大歓迎。サイドバーのメールや友達申請もバンバン利用して下さい。
2017/03«│ 2017/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/05
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
10:17:43
 最近レンタルで「ハートキャッチプリキュア」を見ています。もーすぐTVシリーズはほぼコンプリ視聴です。

 「プリキュア」というと今の東映の最右翼を担うコンテンツですが、70年代の頃から東映の子供作品に慣れ親しんできた者から見るとなかなか面白い要素が含まれているのに気付かされることが多いです。
 まずプリキュアの「毎年リニューアル」のパターンは東映が「仮面ライダー」や「マジンガー」などのシリーズでノウハウを蓄積した再生産パターンを導入している、ということ。

 「プリキュア」同様の「変身美少女」作品というと90年代の「セーラームーン」が代表選手なのは異論のないところと思いますが、こちらは「同じキャラクター」が毎年新たな敵を迎えて戦っていく、というパターンなので、どうしてもマンネリが発生することは回避できないです。

 この辺の限界は4~5年と言ったところであることは、同じ東映作品の「おジャ魔女どれみ」シリーズでも実証されているところでしょう。

 それに比較して上記の再生産パターンは未だに連綿と継続する戦隊シリーズを見るとお分かりのように「成功」した要素ですからね。

 このパターンの最大のメリットは毎年作品がリセットされることで、新規ファンが参入しやすいという点にあると思います。 

 ここで少し視点を変えて、内容やテーマの点を見ていきたいと思いますが、「プリキュア」シリーズの根幹は「勧善懲悪」、「正々堂々」という点にあるのは作品を一つでも通して見ていただいたことのある方には同意していただけるところだと思います。

 これは、80年代に「リアル」志向のためにロボットアニメを始めとする男児向け作品の主人公から失われていった要素です。「戦争」をリアルに描くと、皆死にたくないからビビる、というのは理屈としてうなずけますが、結果としてアニメやマンガ、特撮の男の子キャラはビビり系が多くなり、見ていて「カッコ悪い」ものが多くなりました。

 それに今「オトコ」が「熱い」ことを言うと「ウザい」などと言われてしまうことも手伝い、架空世界でも男の子が「正義」について語ることは出来なくなってきている感があります。

 そんな中、大上段に「正義」を語っているのが「プリキュア」だというのが私の感じたところです。昭和の「仮面ライダー」に憧れた世代としては少しさびしいものはありますが、そうした魂が消えることなく時代にふさわしい「戦士」に継承されていっていることを知り、安心感もあります。

 で、技術やノウハウの面から見ても、途中からメンバーが増えたり、パワーアップアイテムが登場したりするのは戦隊やライダー、マジンガーで蓄積された「成功」要素。その辺を上手に無理なく取り入れている東映のスタッフに感動すら覚えます。

 劇場版の「オールスターズDX」シリーズに関しては、言うまでもなく「東映まんがまつり」の血を受け継ぐ者ですよね。

 「今までのキャラが集合して一つの敵を倒す!」というシチュエーションは「マジンガーZ対デビルマン」から始まる劇場版マジンガーシリーズの現代版といった雰囲気を感じます。パターンから言うと「ゲッターロボ対グレートマジンガー」~「決戦!大海獣」という感じですね。

 こうして考えると、「プリキュア」って東映のコンテンツの粋を結集して作られたエリートと言えるかもしれませんね。

 まぁ要はかわいければいいんですけどね。

 おまけ!妄想劇場:次の劇場版は新プリキュアが登場する「マジンガーZ対暗黒大将軍」的な作品?

 場面1:強敵の攻撃にたじたじのスイートプリキュアに謎のプリキュアが助けに!
新プリキュア「キュアメロディ!キュアリズム!これを使いなさい!」
投げられる武器!その武器で強敵を倒す現プリキュア。

 場面2:敵を倒し朝日を浴びるプリキュア達
キュアメロディ「強いわね!あなたの名前は?」
新プリキュア「キュアグレイト」
キュアリズム「グレイト?」
グレイト「あなたたちの仲間よ」
そう言いつつ空へ飛び立ち、彼方へ飛び去っていくグレイト
リズム「キュアグレイト…。あなたは確かに偉大だわ…」
メロディ「でもあんなプリキュアどこの世界のプリキュアなんだろう…」

ここで画面に「おわり」の字が出てきます。




 しかし、ライダーも戦隊も毎年劇場版作ってるんだから
プリキュアと併映して、オトクな「まんがまつり」バージョンで
放映すればいいのに…。

 男の子と女の子のお子さんを持つ親御さんにも喜ばれると思うんですけどね。
バラ売りすればその分回収できる資金が増えるからでしょうが
「まんがまつり」バージョンにすれば家族連れでの入場が増えるから
宮崎アニメ超えると思うんですけどね。

 目先の収入より視点を転換してほしいなぁ。


ブログランキング参加中!
この記事をお気に召して頂けたらクリック願います。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://munekin2.blog80.fc2.com/tb.php/1107-85f55ebc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
月別アーカイブ
FC2拍手
拍手する
最近のコメント
リンク
リンク(コミック関連)
リンク(立体系)
避難所はこちら!
某所で毎日更新中の地下サイト!
ブロとも一覧

■ ブログ名:ぽてとも。×ちょこもも。

■ ブログ名:い~かげん人間のダメダメだいあり~

■ ブログ名:レノヴァティオ・ラボラトリー1980

■ ブログ名:砕蜂いじめ
Enter the STARGATE
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数(Since2007March)
忍者AdMax
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

munekin2

Author:munekin2
マンガ中心の偏りチェックのフィールドへようこそ!


カテゴリー
最近の記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
本物嗜好の方へ





お薦め外国テレビドラマ



ソフト充実!

ダウンロードサイト Gyutto|美少女ゲーム アダルトアニメ 成年コミック

みんな大好き二次ドリ系

克・亜樹コレクション

葉月京コレクション

黒岩よしひろコレクション

RSSフィード
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。